雑記

エニタイムフィットネスや24時間ジムに行くときに必要なものや便利なもの

ここ数年で年中無休、24時間営業のフィットネスジムやトレーニングジムがずいぶん増えました。ジェントルの自宅や職場の周りにもエニタイムフィットネスだけではなく、いくつもの24時間ジムが出来ています。

24時間営業ジムのメリットはいつでも使える事ですが、お風呂はなかったり、スタッフは昼間から夜の決まった時間しかいないといった事もあります。また24時間営業ジムは設備がセントラルスポーツやティップネスといったジムと異なります。

そこで実際にエニタイムフィットネスに通ってみて、これはあったほうがいいな、ないと困るなと思うものをまとめてみました。

小物を入れる小さいカバン

普通のスポーツジムは受付け(会員カードのスキャンなど)をして、更衣室にあるロッカーに荷物を入れ、着替えたら、飲物やタオルなど必要なものだけを持ってトレーニングやスタジオレッスンをやります。

しかしエニタイムフィットネスなどの24時間営業ジムは、通常の利用では鍵がかかるロッカーがありません。その為、貴重品は常に目が届く場所に置いておく必要があります。

ただ財布や車のキーなどは衣服のポケットに入れておくと邪魔なので、飲み物なども入るような小さなバックがあると便利です。人によっては小さいカバンをトレーニングしている近くに置いておいて、貴重品から目を離さないようにしていますね。

これは高いものではなく、300円均一ショップなどにあるランチバックみたいなので十分です。

created by Rinker
シービージャパン(CB JAPAN)
¥1,555 (2020/09/18 19:37:18時点 Amazon調べ-詳細)

エニタイムフィットネスや24時間ジムでも有料ロッカーはあり、そこは鍵がかかります。心配な場合は有料ロッカーを借りるのも一つの方法です。

中に入れない時の為の携帯電話

スマートフォンや携帯電話を持ち歩いている人が殆どだと思いますが、あえて書いてみました。

エニタイムフィットネスや24時間ジムは、個人個人で中に入れる電子ロックのキーを持っています。でも、たまに認証システムに不具合があって、キーを解除システムにかざしても開錠されない事がありました。

その時はどうするかというと、中にスタッフがいる時間ならインターホンで呼べばいいのですが、スタッフがいない時間は警備会社に電話をする必要があります。その為、24時間ジムに行くときは携帯電話は必ず持っていくべきです。

誰かが入ったor出る時のドアが開いた時に中に入ればいいかと思うかもしれませんが、警報がなってしまうのでお薦めしません。

お風呂セット

通常のスポーツジムは、お風呂場あるいはシャワーブースはボディーソープやシャンプーがあります。でもエニタイムフィットネスなどにアメニティは期待してはいけません。

その為、シャワーなどを浴びる事を考えている場合は旅行用などのシャンプー・ボディーソープなどは必ず持っていきましょう。

トレーニング中に飲む飲物

エニタイムフィットネスに通い始めて、一番戸惑ったのは冷水機がなかった事です。ジムだと冷水機があって、飲物を忘れても何とかなるのです。しかしエニタイムフィットネスや24時間ジムはあまり冷水機のような設備はありません。

その為、自宅から飲み物などを持参する必要はあります。もちろんジム内に自動販売機もあるので現地で買う事も出来ます。