仕事

クラウドソーシングや副業で搾取や騙されない為に~甘い蜜を狙う動物たち~

副業が解禁されつつあり、手軽に出来てお金を稼げる副業は何だろうと探すと「ライティング」や「ブログ」は必ず候補になります。

ただライティングは手軽に出来て良さそうと思っても、まとまった文章を書くのは中学校や高校の時は小論文、大学に通っていればレポートや卒業論文が最後という人もいるでしょう。また仕事では報告書程度という人も多いでしょう。

では今までにあまり文章を書く習慣がなかった人は文章を書くにはどうしたらいいか悩む事もあります。

自分自身も数年前にブログを始めた頃の文章を見返すと赤面するような文章や文章構成です。そこから数年が経ち、若干ですがまともな文章になっているとは思いますし、2,000字程度であれば書く事は苦ではありません。また最近はライティングの仕事も気が向くとやっています。

最近はクラウドソーシングサイトも充実し、簡単にライティングの案件を探せるようになりました。ただ、最近は「これはほぼアウトだろう」と思い、非常に気になる案件があります。

ライティング初心者を貪ろうとする動物たち

ライティングの相場は1文字いくらで表す事が殆どです。これを文字単価と言いますが、最近は文字単価が崩壊しています。

以前、ライティングは1文字1円からという印象がありましたが、最近は1文字1円以下の0.5円という案件も多く見るようになってきました。

1文字0.5円の低単価であっても、それほどリサーチを必要としない、依頼主から提示される執筆マニュアルも簡易であり、1時間以内で2,000文字以上を執筆できるのであれば、ライティングの取っ掛かりとしては悪くはない選択肢です。

ただ最近は強欲なライティング案件がいくつかのクラウドソーシングで散見されます。

ライティング初心者大募集の案件に注意

「ライティング初心者募集」「ライティングの技術を身につける」「みんなの役に立ちたい」これだけ見るとライティングスクールのコピーみたいに思えます。

でも、実際はいくつかのクラウドソーシングサイトでのライティングの案件(仕事)の募集になります。この案件では、仕事の詳細に「リサーチ力やライティング力など様々な力が身に着く」と記載されています。


この案件で求められる内容は、2か月以内に20記事を書く事、書いた記事はコピペ判定ソフトでチェックされること、そして報酬は1,000円です…。

この1,000円は1記事1,000円かと思ったら、1記事の単価が50円とされているので20記事で1,000円で間違いないです。1記事は1,800字ぐらいを要求されていますので、文字単価が0.03円を割るとは、依頼主の強欲まみれの案件です。

なお、これらの案件を募集している依頼主の特徴として、①動物の写真アイコン、②同じ案件を何回も何回も募集している事が挙げられます。これはおそらく新着情報に常に表示させる為でしょうね。

依頼主も複数おり、硬めの案件紹介文から、稚拙な文体での紹介文もあります。これらの依頼主は、何故か動物の写真アイコンばかりです。

さて疑問ですが、コピペチェックをクリアした2,000字50円の記事はどこにいくのでしょうかね?案件を募集している動物たちはサイトを運営していると書いてあるので、納品してもらった記事を少しリライトしてそこに掲載されるのではと推察しています。

まあ実際は納品した記事に、プロの目から校正をして、ライティングスキルを上げていくなら、まだ理解は出来ます。それでも20記事ではなく、数記事で十分です。さらに納品された原稿はどうするかを予め明示していないものは、絶対に応募するべきではありません。

クラウドソーシングでライティングを応募するなら、0.01円以下など案件は放っておきましょう。

ライティングを上手くなるにはどうしたらいいか

ライティングが上手になりたいなら、日々文章を書き続ける事が遠いようで一番の近道です。さらに第三者に自分が書いた記事や原稿を俯瞰的に何回か見てもらう(校正をしてもらう)習慣づけは必要でしょう。

文章を書くと本人の独特の癖があります。それは単語の使い方、文章の区切り方、改行や見出しなどに現れます。これを消すのは大変ですが、自分の文章の癖は自覚しておかないと中々治りません。