トレーニング

自宅でトレーニングの効率をあげるもの、いらないもののまとめ

スポーツジムやフィットネスジムに行けない日が続くと、どうしても運動不足になってしまいます。

YouTubeなどで調べると沢山やり方がでてくる自宅で自重トレーニングでも充分効果はありますが、今日は自分が使ってみて自宅でのトレーニングの効率をあげる道具、もしくは使ってみてもまったくダメだった道具を紹介します。

初心者やウォーミングアップに最適のトレーニングチューブ

運動初心者にもおすすめなのはトレーニングチューブです。強度も色々あり、全身のトレーニングに使えます

1Kのアパートに住んでいる、賃貸だからあまり大きなトレーニング道具は置きたくない人はいろんな強度のチューブを揃えるだけで充分です。

体幹トレーニングにはBOSUボールが一番!

BOSUボールという、バランスボールの半分のトレーニング道具をしっていますか?これは腹筋やインナーマッスルを鍛えるトレーニングだけではなく、バランス感覚なども養える万能の道具です。

またこれは大人でもボールの上でジャンプできるぐらい丈夫です。我が家では子供のバランス感覚を養うために、小さいときからこれでジャンプをさせて遊ばせていました。

この道具の寿命は3年ぐらいでしたね。ボール部分は丈夫なのですが、ボールと土台の部分が徐々に剥がれてしまうので、2〜3年ぐらいしたら強力接着剤で補修が必要です。

トレーニングロープは上半身に効くトレーニング

あまり置いてあるジムはないのですが、トレーニングロープは全身を短時間で効率よく鍛えられるトレーニング道具です。

室内で行うのはちょっとハードルが高いですが、大きなベランダや車庫があれば問題なくできます。また自分の場合はこれをやった翌日は背中と肩の筋肉痛がひどく、上半身には特に効果的なトレーニングですね。

体が硬い人にはフレックスクッションが非常に楽

体が硬いと新陳代謝が低くなったり、怪我をしやすくなったりします。そのため、自宅でストレッチをする人もいると思います。

ただ体が硬いとストレッチもあまり伸ばせない、特にモモ裏が伸ばしにくいですよね。そこでフレックスクッションが非常にいいのです。

フレックスクッションはこんな三角のクッションで、値段がちょっと高いのですが、これを使うとモモ裏を伸ばせたり、股関節の柔軟性、さらには開脚もしやすくなります。

created by Rinker
サンテプラス
¥10,780 (2020/09/19 08:19:22時点 Amazon調べ-詳細)

なぜかというと、このクッションを使うことによって骨盤の位置が変わり、開脚などをしやすくなるのです。また姿勢改善にも効果的ですね。

買ってもいらなかったもの、使いづらかったもの

今まで色んなトレーニング用品を使ってみましたが、用途が限られているものはまったく使えません、もしくは使いませんでした。

例えば握力を鍛えるこんなボール。手首強化に使うものですね。

また肩こりを防ぐために、肩甲骨を動かそうとかったこのチューブ。肩をストレッチするにはいいけど、普通のチューブやタオルで代用ができてしまうのですよね。

もしトレーニング道具を買うときは一つで色んなトレーニングができるものを買いましょうね。