トレーニング

既婚者はどのジムに行けばいい?どうダイエットの時間作るの?

結婚をすると独身とは違って、自分の時間が取りにくくなります。結婚しても夫婦でジムに行くのが趣味だとジムにいけますが、そういう夫婦は稀ですよね。

また子供がいるとダイエットやトレーニングの時間が取りにくいですよね。自分も子供が生まれて小学校入るぐらいまではジムにいって運動するのは週2回が限度でした。

でもここ数年、ジムの選択肢や自宅でトレーニングする道具が増えました。そこで既婚者かつ小学生の子供がいる身として、ジムや自宅のトレーニングやストレッチ役立ったものをまとめてみます。

既婚者に適したジムは24時間ジム一択!

既婚者がジムに行く時間はまちまちです。決まった曜日の決まった時間に行きたいけど、子供が寝つかないとか、子育てや家事で同じ曜日・時間に行くのは難しいです。

また一般的なフィットネスジム、例えばセントラルスポーツやティップネスとかは都内でない限り、平日は23時まで、土日は21時ぐらいで行く時間が取りにくいこともあります。

そのため、既婚者は24時間営業している24時間ジムがぴったりです。24時間ジムの代表といえば、やはりエニタイムフィットネスでしょう!

パパさん達は、朝に行く人も多くて、朝5~8時ぐらいは若いパパさんや既婚者の方が運動している様子を多く見かけます。「朝にトレーニングなんてどうなの?」と思うかもしれないけど、慣れてしまえば大丈夫です。

自分は子供の寝かしつけと一緒に自分も寝てしまい、朝は少し早めに起きてジムに行くという習慣にしていました。今は子供も大きくなって寝かしつけは必要ありませんが、早寝早起きだけはしていて、朝に行くようにしています。

自宅でトレーニングするのにぴったりの道具

ジムが家の近くにない場合は、自宅でトレーニングや運動がメインになってしまいます。ランニングなどはどこでも出来ますが、全身を鍛えて、スマートに見せたい場合は筋力トレーニングも欠かせません。そこで今まで買ったトレーニング用品の中で良かったものをまとめてみます。

トレーニングロープはスペースがあれば買うべし

そこでまずおススメするのが、トレーニングロープ(バトルロープ)です。

多少広いベランダか庭があれば簡単に全身を鍛えられる数少ない道具の1つで、値段は4~5千円程度のものもあるのでコストパフォーマンスが高いです。

下手にダンベルとか買うより、このトレーニングロープがあるだけで簡単に全身の筋肉が鍛えられ、負荷が高いので心肺機能も高まります

created by Rinker
Amazonベーシック(AmazonBasics)
¥4,178 (2020/11/23 18:10:53時点 Amazon調べ-詳細)

室内での運動はトレーニングチューブを使ってみよう!

室内で運動する時はトレーニングチューブと自重で充分です。チューブさえあれば、殆どの運動ができます。高価なトレーニンググッズとかいりません。特に通販で売っているトレーニング系グッズは殆ど無駄です!

値段も2000円ぐらいで購入できるものがあるので、運動を初めてする人はこれで十分です。だってダンベルとか買って、使わなかくなったら処分に困りませんか?

【体が硬い人限定】ストレッチをする時はフレックスクッションを試してみよう

ストレッチはマットだけあればいいと思っていませんか?体が硬くて、前屈がうまく出来ない人、開脚が出来ない人に試して欲しいのがフレックスクッションです。

値段を見ると1万ぐらいして、「高っ!!」と思うかもしれませんが、このクッションを使ってストレッチすると今まで開脚しにくかったのが、開脚しやすくなります。

created by Rinker
サンテプラス
¥10,780 (2020/11/23 18:10:54時点 Amazon調べ-詳細)

ストレッチがしやすくなり、開脚できるようになるのは、このクッションを使うと骨盤が前傾になるからです。男性は特に骨盤が後傾の人が多く、そのために開脚がしにくい事があります。

もちろんこのクッションではなく、ストレッチの時にお尻の下に段差をつけるだけでも同様の効果を出す事はできます。でもこのクッションを使って、ストレッチをするともう他には戻れません!

終わりに

今回は今まで使ってみて良かったものだけをまとめてみました。子供がいると中々トレーニングやダイエットする時間がとれませんが、24時間ジムは月7千円ぐらいで通えますし、道具も高いものはいりませんので、毎日コツコツやってみて下さいね