勉強

サラリーマンのスマートフォンを使った英語学習方法

英語の必要性は20代はあまり感じていなかったのですが、英語の文献を読む必要があったり、シンポジウムも英語が必要だったりする機会が増えました。

ただ平日は仕事、休日は家庭や子育てや研究等で中々英語学習のまとまった時間が作れません。

そこでスキマ時間にスマホを使って、ちょこちょこと英語を勉強しています。そして英語学習は楽しいことと楽なことをモットーにしてますので、そんなのをいくつか紹介します。

リーディング 

リーディングは「ポリグロッツ」というアプリを活用しています。

ポリグロッツ

このアプリは、自分が読んだワード数がグラフで分かります。そして読んだワード数や読むスピードなどいくつかの指標を踏まえて、ランクや順位がついていきます。

これが、今日はもう少し英語を読んでワード数を増やそうとか、毎日1000ワードは必ず読もうとかの目標設定の基準となります。

知らない単語があっても、そのワードをクリックするとすぐに日本語が表示される機能があるのも、英語初心者には助かる機能です。

またニュースばかりではなく、エッセイや軽い読み物もありますし、ジャンルも幅広いです。有料版だと、英語の読み上げが無制限に聞けるとか機能開放がありますが、無料版でも充分使えます。

ただ、あまり自分が得意な分野の英語のニュースばかり読んでいると、その分野の単語ばかり覚えてしまいます。たまに他分野の記事も読むというような活用方法がお薦めです。

ライティング

ライティングは毎日英語で簡単に日記を書いています。日記を書くのはメモアプリでも、手帳でもよいのですが、ネタに困ったり、何を書いていいか分からないという場合もあるので最初はこんなアプリはどうでしょうか?

「英語日記ドリル-添削機能つき」(リンクはitunesです)

これは日記に使える構文が30収録されており、その構文を勉強し、日記を書くことができます。構文の勉強をする時は、添削機能があるので、ライティングで自分は何をミスしやすいかも分かります。

また自由に日記を書き、それをSNSに投稿する事も出来ます。ただ、英語入力でスペルの自動修正が切られていますので、自力で単語を入力しなければいけないのが辛いですね。

この英語日記ドリルは、アプリだけではなく書籍も出ています。

 

ヒアリング

ヒアリングはポッドキャストでNHKのWORLD NEWSとBBCを通勤で歩いている最中に聞いてます。

初心者はNHKのWORLD NEWSがおすすめです。理由としては、既に知っているニュースもあるので内容が分かりやすく、アナウンサーの方のスピーキングも非常に聞きやすいです。

また毎日ニュースが更新されることと、約13分(日曜のみ9分)ですので、短時間でも聞けちゃいます。慣れてくると1.5倍速で、ようやくネイティブぐらいの速さになります。

聞き方としては、iOSならポッドキャストもありますし、NHKは独自のアプリもありますので、それをダウンロードしてみて下さい。

英語物語

これ、英語のゲームのアプリですが、イメージとしてはクイズアプリの英語版です。

英語物語ios
英語物語google play

最近のスマホゲームのように美辞麗句といったビジュアルではないですが、課金しなくとも強い敵は手に入るし、金にガツガツしていないアプリですね。

このアプリは英単語や文法を小学生レベルから難関大学レベルまで勉強できて、さらにTOEICの単語や文法にも対応しています。単語を覚えるなら、楽しみながら出来るこのアプリは凄いお薦めです。

スピーキングの練習は中々出来ないのですが、毎週のオンライン英会話をやると英語の学修の最低限までは持っていけると思いますよ。

いずれもスキマ時間に出来るものになりますので、忙しい人はぜひ試してみて下さい。