おススメ英語教材

小学生が英語を自宅学習するためには通信教育がおすすめ

現在、小学校5年生・6年生を対象として外国語活動の時間が授業に盛り込まれるようになっています。2020年の新学習指導要領の改定案では、小学校3年生に前倒しされ、小学校5年生からは英語が正式な教科として採用され、授業をスタートさせる方針が打ち出されました。

このように英語学習の変革が進んでいく中、家庭での学習についても、お子様が小さな早い段階から触れ合うことができるようにしておきたいものです。子供が小さなうちに苦手意識を持たないように英語に慣れて楽しく学習をはじめることで、教科として授業が始まっても楽しく学んでいけます。

英語を学習するには、子供向けの英語教室や英会話教室などがありますが、小学生の低学年から塾に通わしたりするのはちょっと不安と考えられている親御さんもおられると思います。そのような方におススメなのが、英語の通信講座です。

小学生対象の通信講座も色々とサービスがありますので、親の目の届くところでの英語学習には最適です。

自宅で出来る簡単な小学生向けの英語もある通信講座

小学生の教科としてまだスタートしていない英語ですが、基本的な「読む」「書く」「聞く」「話す」というスキルは、どの内容からでも身に付けさせていきたいものです。テキストを利用した学習方法では、書くことが中心になってしまい、正しい発音を聴く機会がないことから、「読む」「聞く」「話す」の学習は進めることはできません。

通信講座ですと、音声もセットになっている教材も多数。そのため、正しい発音を聴くことができ、「読む」「書く」「聞く」という学習を進めることができるようになります。

また、簡単なレベルから繰り返し行うことができることから、いきなり苦手教科になるということもなく、楽しく始めることが可能です。教科書に沿ったプログラムではないことから、子供のペースに合わせて学習を進めることが可能となっています。

小学生に人気の英語講座『スタディサプリ』

スタディサプリは、リクルートグループが運営しているインターネット予備校です。スマートフォンやパソコンを利用した動画で学習するシステムです。

この小学生講座では、国語・算数・理科・社会の4教科が対象となっており、小学校4年生から利用可能となっています。

しかし、スタディサプリは無学年方式となっているため、中学生講座を先取りして学習することができるようになっています。

スタディサプリでは、自分の学年がホーム画面となって出てくるようになっています。そこから全ての講座を選択することで、中学生の講座から受講することが可能になるのです。

スタディサプリで講義を行っている講師の先生たちは、ハイレベルな先生が非常に多くいます。中学生の講座は、アルファベットからスタートし、単語へと進んでいくことから、小学生の入門教育にも最適となっています。基礎講座の講師はわかりやすく説明してくれることから、苦手意識を持つことなく、授業にのめり込むことができます。

自分の速度でどんどん進めて行くことも可能ですので、小学生のうちから、中学1年生以上の英語をマスターすることも可能なのです。

小学生の英語学習に便利なタブレット講座『スマイルゼミ』

◆スマイルゼミ◆は、ワープロソフトの一太郎などで有名な、ジャストシステムが提供する通信講座です。専用のタブレット端末を利用して、学習を進めるシステムとなっています。対象は幼児から中学生までとなっており、楽しく家庭で学習できるようになっています。

英語の学習は、幼児コースから採用されており、幼児コースでは、イラストが表示され、それをネイティブの発音が音声で再生されます。その発音を聴いて、真似をすることでネイティブの発音を習得することができる仕組みとなっています。

小学生講座では、同じ様に単語を見て聴いて学習するものと、発声を録音し、その音がお手本と比べてどの程度ズレているかをソフト上で解析し、目で見てわかるようにしたソフトが入っています。

小学校2年生までのコースでは、単語の学習となっており、3年生からは簡単な日常会話を学習するようになります。5年生以上になってくると、過去形の文章なども登場し、本格的な日常会話レベルの学習ができるような教材となっています。

また、英語プレミアム講座というオプションコースもあり、こちらは英検2級を目指せる力を身に付けることができる講座となっています。英検は今後大学入試でも使いますので、早い内から英検を目指すといいですよ。

◆スマイルゼミ◆タブレットで学ぶ 【小学生向け通信教育】が誕生!

低学年からも通信講座で楽しく英語学習しよう

今回2つの教材をご紹介しました。どちらも子供のペースで楽しく学習することができる教材となっていました。教材もタブレットやスマホを使うようなデジタル機器を使った学習となり、正しい発音を学習できたり、日常会話を自宅にいながら学習することができるものとなっていました。

料金も学習塾に通うよりもお手頃な価格となっており、また塾に通わす場合だと通学時の心配も発生しますが、自宅学習ですので、そのような心配も不要です。

これからますます重要になってくる小学生の英語教育です。色々な講習を比較検討してみて、お子様にあった学習方法を見つける必要があります。