英語を学ぶとは

小学生を英語の塾で知っておくべき、おすすめポイントと注意点

子どもを塾に預けるかどうかは子どもの学力にもよるでしょうし、家庭の経済力も関係してくるでしょう。

家庭によって子どもの教育に関する価値観や方向性は異なります。子どもが幼い頃から様々な習い事をさせる親もいれば、子どもが求めた時や親が必要性を感じた時に始めさせたので十分だと考える親もいるでしょう。

しかし、現在も徐々に小学校から導入されている英語の授業は親世代が経験した読み書きを暗記するような勉強とは違い、聞いたり話すことが多いです。また、進学の際の入学試験などでは民間の検定試験などの活用も提言されており、これからは読み書きだけでなく聞いたり話したりできる能力も問われるようになります。

もし小学生の間に英語学習で躓けば、子どもが将来大きな損をする可能性は否めません。英語を喋ったり聞き取ったりする勉強は一人では困難な点もあるので、塾の利用を考えるのは悪くないでしょう。

たくさんある小学生用の英語塾!英会話スクールが有利?それとも学習塾?

現在小学生の子どもを持つくらいの年代の親が学生の頃に通っていた英語塾といえば、学習塾がほとんどでしょう。しかし、今では子どもを対象とした英会話スクールも乱立しています。学習塾か英会話スクールにするべきか迷う親も多くいるでしょう。実は、英会話スクールと英語塾には違いがあります。

英語でのコミュニケーションを重視するなら英会話スクールが適しているでしょう。勉強が好きな子どももいますが、勉強が好きではなかったり集中できない子どもは多いです。英会話スクールのようなゲームや歌を使って遊び感覚で進むレッスンの方が子どもには好まれるかもしれません。英会話スクールでは多少英会話できる程度の英語力は身につくかもしれませんが、文法は弱いです。

一方で、文法や単語など机上での勉強を得意とするのが一般的な塾です。英語塾に通わせると英会話力や聞き取りにおいては弱い部分がありますが、文法はしっかり身につくでしょう。ただ、机上での勉強が中心となることで勉強が面白くないと感じる子どもは少なからずいるはずです。大学までずっと勉強しなければならない教科となるので、始めに楽しいと感じさせてモチベーションを上げる工夫が必要です。

小学生の英語の塾を選ぶ際のポイント

英語を学べる塾は現在たくさんあります。どんな視点から塾を選べばいいのかわからないという親もいるはずです。失敗しないためにもある程度塾選びのポイントは知っておいた方が良いでしょう。

それぞれの塾の強みを把握し、子どもが塾に通う目的と一致するか確認することが大切です。最近では、2020年から英語科の学習指導方針が大きく変更されることを鑑みて大手の塾などでは

一方で、従来のままの文法や単語に重きを置く塾もあります。文法や単語が中心なので、聞き取りや会話の期待は薄くなるでしょう。他にも、会話を重視したり、資格取得や受験対策を重視する英語塾など塾毎に特色があります。子どもを塾に通わせる目的と合う英語塾がきっとあるでしょう。

個人指導か集団指導かという点も子どもにとって大事な点です。子どもは一人ひとり性格が異なるので、子どもに合う指導方法も一様ではありません。集団指導も個人指導もそれぞれメリット、デメリットがありますが子どもの性格を考慮したり、意見を聞いてみましょう。

英語教育という点から見ると、塾選びの際には日本人講師か外国人講師かという点も確認しておくべきでしょう。会話を重視しない英語塾ではまだまだ日本人講師の場合が多いですが、英会話を重視している塾では外国人講師の割合が高くなります。日本人と外国人講師両方のサポートを受けられる塾は心強いでしょう。

小学生の英語塾における注意点

多くの親に該当しますが、塾を選んで子どもを送り出し、教育費を支払うことで満足している場合が見受けられます。つまり、親は子どもが塾で何をしているかや塾に通った成果にまで関心が無いということです。英語の教育に関してだけでなく、他の科目においても塾だけで勉強したのではあまり身につきません。継続と家での予習、復習が必要です。

特に英語学習の場合、積み重ねが大事になってきます。よく聞かれるケースですが、週に1,2回英会話を習ったところで結局はネイティブのように喋れるようにはならないという結果です。

これは英会話だけに留まらず、全ての分野において当てはまるでしょう。塾が楽しかったという感想を聞いて安心するのではなく、どんなことを学んでどれだけ身についているか確認するようにしましょう。

子どもが返答に困れば、塾に直接尋ねても良いでしょう。そして、塾だけでなく家庭での学習も必要なことは塾に通わせる前から心得ておく必要があります。合う塾で勉強し、更に家庭での学習にも取り組むことができたならば、きっと塾に通わせる目的は達成できるでしょう。

このように、英語塾といっても塾毎に特徴があるため子どもが塾に通う目的に適うところに行くことがポイントです。さらに塾だけでなく家庭での学習は必須だということを心得ておきましょう。

いつから英会話に通うのがいいの?

英会話スクールは、3月からが実質新年度になります。そこで2月ぐらいから情報を集め、体験をしてみるのがベストです。その上で3月から通えるように申込をすると子供の負担も少なくすみます。

それ以外の時期だと、カリキュラムの途中からになるので、親のサポートを少ししてあげないといけません。

https://kids-english-learning.com/reccomend-online/price-review/