英語を学ぶとは

子どもが英語を学ぶ不安とは~60人の親へのアンケートから~

小学校で英語の授業が始まったり、子どもの友達が英語の勉強を始めたと聞くと不安になりませんか?

今日は60人のパパママに聞いた子どもの小学生の不安について、聞いてみました。今回は回答いただいたパパママの不安の代表的なものを紹介します。

親の自分たちの英語力への不安

最初の不安は5歳、3歳、0歳の3人の子どもを持つママからです。

周囲の子供達が、小さい頃からインターナショナルスクールや、英語の教室に通っているのをみると、我が子達も通わせるべきか悩む事もあります。

また、親の私が英語が得意ではないので、子供の宿題などみてあげられるか、不安もあります。

私自身も英語は得意ではなかったです。3年前から英会話スクールに通ったり、ビジネス本の洋書を読んだり、英語のゲームで遊んだりして英語学習をしています。

でも小学校の英語学習というと、何をやるのかを知ってしまうと、意外と簡単なものなんですよね。小学生3年生は挨拶から始まります。つまり、私たち親世代が中学1年生にやってきた英語をゆっくりと小学生の内にやるイメージを持ってもらえばいいと思います。

小学生の英語学習については、ぜひこちらで内容を確認して下さい。

家で英語環境はどう作ったらいい?

次は5歳のお子さんを持つパパの悩みです。

英会話を、子供に教育していくにあたって、まず一番大切なことは、英語を話す環境づくりが必要であると感じているのですが、英語教室に通わせているだけでは、身につけられないと、思っています。

しかし、自分も妻も英語で会話することができず、家での英会話の環境が作れていません。今後、自分も妻も子供と一緒に学ばなければならないと考えております。

家でどうやって英語学習環境を作るかは難しいですよね。その悩みはよく分かります。

我が家では、最初はテレビ番組の英語教育番組を見せていましたが、あまり見につかずに止めてしまいました。残ったのは、お風呂場のアルファベットのポスターぐらいです。

まずは英単語を覚えられるように、家の中にあるものの英単語を覚えられる環境を作ってみてはどうでしょうか?我が家では、「これは英語で何と言うの?」とよく聞くようにしています。

英語を習うには経済的な負担が大きい

最後の悩みは7歳の子どもを持つママの悩みです。

各小学校に子どもに英語を教える専門性の高い教員が配置されることになるのかを心配しています。これまでは外国人のアシスタントティーチャー以外の日本人の先生であまり良い方がいる印象がありません。

ゲームや歌で英語に親しみを感じ、興味を抱く以上の使える英語を身に付けるまでの教育を受けて、力をつけるためには、小学校以外の英会話スクールなどに通わなければいけないかもしれないと、金銭的な負担が増加する面も不安に感じます。

英語を習わせるのは、かなり負担が大きいですよね。通わせる英会話スクールだと、月に1万から2万近くかかります。我が家は、私と子供が行くと毎月3万近く払った時もありました。

また通っていた英会話スクールは、小学生コースだと夏休みや春休みは通常の授業以外にも特別授業などがあり、お金や送り迎えの負担も凄い大変です。

そんな時は、メリットやデメリットもありますがオンライン英会話という手もあります。我が家では、通わせる英会話スクールではサポートできない部分はオンライン英会話を使ったりもしていますよ。