子育て

小1の壁とは~小学校入学後の家族の最大の問題にどう向き合うか~

子供が小学生になると、子育ても一区切りかなと思いますよね。でも共働き家庭では、新たな問題として「小1の壁」が出てきます。

小1の壁とは、子供が小学生になると保育園に通っていた時より、親が仕事と子育ての両立がしにくくなる事をいいます。これは子供が小学校に行く事によって、環境が大きく変わってしまうからですね。

我が家も子供が小学生になって、この「小1の壁」に直面しました。そこで半年間、我が家にどのような小1の壁があったか、パパはどうしたのでしょうか?

Sponsored link




小1の壁とは何か?

保育園は、延長保育があり、かなり遅くまで子どもを預かってもらえます。夜19時まで預かる保育園も多いですし、夜20時までの預かり保育や、夕飯の補食を出してくれる保育園もありますね。

そして保育園を卒園し、子どもが小学生になると、共働き家庭は子供は学童保育に預けることが多いですよね。でも学童保育園は、公的保育園だと18時までに終わってしまう所もあります。

職場と学童が近かったり、時短勤務なら18時でも大丈夫ですが、時短勤務は小学校入学までという企業も多いです。また小学校は、保育園より平日の行事が多く、PTAや保護者参加の行事、子供の引き取り訓練などがあり、仕事を早く切り上げないといけない事も多くあります。

他には、こんな問題も出てきます

  • 小学校が昼で終わると給食がないので、お弁当を作る回数も保育園より増える。(特に夏休みはお弁当が毎日必要なケースもある)
  • 学級閉鎖になると、日中の預け先がなくなる。
  • 宿題の丸付けは親がやるケースが多い
  • 習い事が始まると送迎の負担が増える

 

会社側も柔軟に対応してもらえればいいのですが、小学生になったら子育てもひと段落して負担が少なくなっただろうと思っている企業も少なくはありません。

我が家の小1の壁

我が家は共働きなので、大小ありますが「小1の壁」はありました。

我が家は、奥さんが比較的時間休がとれる自由のきく仕事でも、小学生の子供の生活と家庭が適応するのにかなり大変でした。

  • 保護者が参加するイベントが平日に参加する事が多い。
  • 読み聞かせを始めとした様々なボランティアの参加が求められる。
  • 習い事の時間と仕事の終わる時間が合わせにくい。

これらは、奥さんが時間休をとったり、習い事が間に合わないものは休ませたりで何とか対応しています。ジェントル自身は、遠距離通勤なので、半休を取ったりしました。

子供の小学校の適応

一方、子供自身の小学校の適応問題もありました。実はこちらのほうがかなり大きな問題です。

我が家は男の子で、殆どの保育園の友達は1歳児クラスからずっと一緒でした。でも保育園は、現在通っている小学校の校区内ではない為に、保育園から同じ小学校に友達が少なかったのです。

そうすると息子に起こる最初の問題は友達作りからです。子供なら、友達はすぐ作れるだろうと思うのは間違いです。息子が通う小学校では、地元の大型幼稚園に通っている子供たちが既に友達のグループを作っているので、その輪に入れない事も多いのです。

つまり、学校生活は友達が作りにくいという問題が起こっていました。

学習面でも、小学校になって問題が起きました。我が家は4歳ぐらいから毎日市販のワークブックで小学校の予習をしています。それを発端として起こった問題として授業に集中できない事です。

集中できないと言っても、教室内を歩き回ったり、何処かへ行ってしまうというものではないのですが、私語が多くなってしまう事が多かったようです。この授業妨害としてしまう理由は「本人にとって授業内容が分かっているからつまらない」からです。

じっと待っていられる子供であればいいでしょう。しかし息子はそういう性格ではないので、授業時間に知っている事をじっと黙って聞くのは辛かったのでしょう。

つまり、親が小学校の勉強に遅れないように良かれと思って、事前に予習していた事が裏目に出てしまった訳です。

小1の壁のパパの対応

それでは、小1の壁にパパはどう対応したのでしょうか?

職場の理解

我が家の子供のスケジュールは夫婦で共有化して、お互いに休めるかどうかを常に確認しています。そしてパパ側も小学生になると直面する問題について、職場に理解をしてもらうように働きかけをしないといけません。

これは職場の中には、小学生になったから、これで子育ては楽になるよねと思う人も未だにいる為です。

また突然休めるように、常に在宅でもワークできるように、仕事はクラウドに置くなどをしています。職場にいるスタッフと連携すれば、最低限は在宅で仕事をする事が出来ます(実際は看病とか入ると、仕事をしている時間は取りにくいですけどね)

これで学級閉鎖やインフルエンザになった時は、お互いの仕事の状況を見て、対応できるようにはなっています。

子育ての悩みの共有化

奥さんの子育ての悩みを聞く事も非常に重要です。夫婦でそれぞれ子育ての考えは違うことが多いでしょう。例えば我が家は奥さんは子供に対してかなり理想値が高いなと日々感じています。そこに対して、パパとしては男の子とはどういう生態かを毎回説明し、理想と現実のすり合わせを心がけています。

そもそも小学生の男の子は、人の話を聞かない、聞いてもすぐ忘れる、基本的にリアル「クレヨンしんちゃん」ですよね。息子は「クレヨンしんちゃん」を見て「馬鹿だね~」と言ってますが、パパは「お前も同じだよ」と突っ込みたくなっています。

勉強面は授業から英語や資格へ切り替え

勉強は授業内容をあまり先取りするのではなく、漢字検定や算数検定、英語検定などにシフトするように相談して決めました。これは試験の合格によって、子供の自己肯定感を高める事も意識しています。

おわりに

我が家で一番大きな小1の壁は、仕事面より子供の生活や学習面が大きかったです。特に授業妨害については、最初は原因が分からずにかなり夫婦で悩みました。

子供と話をする事で、1学期終わりにはだいぶ解消はされ、悩みはだいぶ解消されましたがこのケースは先生はあまり当てにはなりませんでした。

自分の子供の頃を美化していないか?

さて、小1の壁問題や子育てで感じたのは、夫婦でそれぞれ美化した小学生1年生像を持っていると、子供はかなり辛いだろうなと考えています。おそらく理想の小学生1年生像を持っている人は、自分は小学生の時はもっと色んな事ができたという思い出があるかもしれません。

でも、それは一度美化された自分の思い出ではないかを疑った方がいいです。我が家の場合は、奥さんはかなり理想があり、自分は現実派なので、その辺のバランスは保たれているのだと思います。

理想を持つのはいい事ですが、夫婦共々で理想の小学生に仕立て上げようという家庭は、子供にも負担がかなりかかってしまうようなと思います。

小学生になったからと、子育ては楽にならない。夫婦で常に話し合って、取り組む必要がある。

子供と子供の担任の相性が絶望的になかった話子供が小学校に入って、最初の1年間は親子共々かなり大変な1年間でした。子供が小学校に入るという事だけで環境が大きく変わりますので、普通は...